注目を集める家族葬、理由は

家族葬とは、身内や親族、ごく親しい友人など、内輪だけで行う葬儀のことです。元々あった密葬という形式に似ていますが、本葬を別に行う密葬とは違い、家族葬はそれだけで全て完了します。
家族葬が注目を集めている理由は高齢化にあります。


職場を引退してから死亡するまでの期間が長くなると、会社関係者による参列が減ります。



それに従って近親者のみの葬儀が増えてきたことで、広がってきたという経緯があります。

家族葬には明確にこうしなければならないという決まりがないため、思い思いの葬儀を行うことが可能です。最近では「終活」を行っている人も多く、故人の遺志を反映させた葬儀を行いたいときも非常に向いています。

参列者を近親者だけに絞っているため、弔問客に気を配る必要がなく、ゆっくり故人とお別れができます。また、少人数で行うのは会場設備や係員の手配、通夜振舞いや返礼品など、葬儀にかかる費用を抑えることができる点も大きなメリットと言えるでしょう。

ただし、家族葬を行う上で気を付けたい点もあるので注意が必要です。

一番気を付けたいのが、周囲の人への配慮です。

気になる2ちゃんねる情報に精通したサイトです。

遺族が家族だけで送りたいと思っても、故人にお別れをしたいと思っている人は他にもいるかもしれません。そういった人に葬儀後何故呼んでくれなかったのかと責められ、トラブルに発展するケースも多いのです。また親族内でも「少人数で送るのは寂しくてかわいそうだ」という意見があれば、そこで対立が生まれてしまいます。



葬儀はやり直しがききません。
だからこそ、形式は十分考えた上で選ぶことが大切です。