家族葬は葬儀費用を安く抑えられる

親戚付き合いやご近所付き合いが希薄になっていることから、葬儀を行うときは家族や遺族だけが参加する家族葬を選ぶ人が増えています。親しい人たちだけを招いて葬儀を行うので、喪主や遺族側もそれほど気を張らずに葬儀をあげることができるという魅力があります。



また家族葬は参列者が少ないので、葬儀を行い会場は、それほど大きなものは必要でありません。

20人くらい収容できる会場で十分なので、会場使用料を安く抑えることができます。

同じように参列者が少ないので、用意する料理や飲み物、香典返しも少なくてすみます。
あらかじめ参列者の数が予想できるので、用意する香典返しの数も予想しやすいので、無駄になることがありません。家族葬は自由な形で葬儀を行うことができる魅力がありますが、もちろん今までと同じ葬儀形式をとることも可能です。

今までと同じようにお通夜と葬儀を行うこともできますし、お通夜を省いて葬儀だけを行うこともできます。

Yahoo!ニュース情報サイトをご利用下さい。

高齢化が進んでいるため、高齢の方にとって葬儀の参列というのは身体に負担になることがあります。

ましてや遠方から葬儀に出席するとなると大変ですから、家族葬で葬儀を行うときはお通夜を行わずに葬儀だけで済ませることがあります。

家族葬は宗派などにとらわれないので、誰でも行うことができます。仏教式の葬儀を行う時は僧侶がお経を読みますが、無宗教の場合は、故人が好きだった音楽を流して代用することができるなど、形式にとらわれない葬儀が可能です。