自由度の高い理想の家族葬を

「家族葬」行う場合に注意したいことは、葬儀に招かない方々へのお知らせと、それに関しての理解を得るということです。

訃報を知らせると同時に、家族葬で送ることも伝える必要があります。

後々のお付き合いに不具合を生じることは故人の希望ではありませんので、その点では義理を欠かないよう気を遣う部分です。
葬儀に関して人気という表現もおかしなものですが、最近では家族葬を希望する人が大変多いようです。終活をされている方々は、「自分が亡くなったら家族だけで」と考えている人が増えていて、華美で大掛かりな葬儀は望まれていないようです。



華やかで賑やかな葬儀を希望する方もいますが、多くの方が家族とゆっくりお別れすることを希望しているのです。
弔問客への対応に追われることがなく、気を遣う心配もない『家族葬』、一般葬の小型版とも言えますが、儀式的にはそれほど違いはありません。
宗教や宗派などに関係なく誰もが行うことができます。

信頼性の高いGirls Channelに関するお役立ち情報コーナーです。

自由度が高いため、必要最低限のシンプルな葬儀も可能であり、基本プランに様々な要件をプラスすることも可能です。
故人の好きだったものを取り入れながら費用を抑えることができるのも特徴です。



一般の弔問客を招かないため、華美な装飾や大型の祭壇を設置する必要がありません。
そのため価格を抑えることができ、気を遣わずに最期のお別れの時間をゆっくりと過ごすことができるという点から、家族葬を希望する人が増えている理由なのです。