お葬式に家族葬をお考えなら

家族葬とは、家族や親族など故人の身近な人だけ行う葬儀を指します。


葬儀の内容や流れは一般の葬儀と変わりません。
勤めを辞めて長くなった方のお葬式を出す場合、参列者が少なくなりがちです。高齢化に伴い葬儀に多くの人を呼ぶ必要がなくなったことや、近隣の人間関係が希薄になったことも家族葬が増えている一因です。


もともと日本には地域の人々が協力しあってお葬式を出す風習がありましたが、専門業者を利用すれば近隣の手助けなし個人で葬儀が行えるようになったのも大きいでしょう。家族葬は料金が安いと考えがちですが、儀式の内容は一般のものと変わらないため、会場費や料理代は少なくなるものの決して格安になる場合ばかりではない事には注意しましょう。


参列者の香典も期待できないため、自己資金だけでまかなう必要もあります。家族葬の最大のメリットは、大切な故人との最期の時間を内輪だけでゆっくりと過ごせることです。

儀礼的な弔問客への対応をしたり、料理の心配をする必要がないのが魅力です。故人の好きだった音楽をかけるなど自由なアレンジが可能なのもよいところです。

近年、格安の葬儀への関心が高まっており、家族葬よりも費用が安くて済む一日葬や直葬という方法も話題を集めています。



直葬とは葬儀を行わず、火葬がメインとなる方式です。

OKWaveの様々な情報を掲載しています。

一日葬は通夜を行わずにお葬式と告別式を一日で済ませる方法です。



どちらも格安で行えるメリットがあります。お葬式を出すお金がないと悩んでご遺体を放置し犯罪者になってしまう悲劇を無くすためにも、こうした方法がある事を知っておくと良いでしょう。